1. HOME
  2. O・Yさん(25)医療系人材紹介

O・Yさん(25)医療系人材紹介

自身の力で勝負できるような大人になりたい

私は高校から看護学校に行き、20歳で看護師として病院に就職しました。

看護師は責任がとても重い分やりがいもあり、お給与もそこそこもらえていました。
ただ、今後も一定の給与を確保するには30歳、40歳、50歳、結婚、出産した後も夜勤をし続けなければならないことを考えると心身への負担が大きく、他の道はないかと考えるようになりました。

そんな時に和合堂エージェンシーとの出会いがあり、看護師の資格がなくても自身の力で勝負できるような大人になりたいと思い一歩を踏み出してみました。

自分を安売りしない

新しい分野に挑戦したくて、看護師からキャリアチェンジし、全くやったことのない営業という職種に飛び込みました!

現在アルバイトとして働いているため、時給換算になります。
2月に入職したときには時給が1200円でした。
4ヶ月後の6月には時給は200円アップの1400円になりましたが、「自分を安売りしているのでは?」と、早くも転職を考え始め、そのことを上司に伝えました。
すると、「Oさんには辞めないで欲しい。給与をいくらにすれば、残ってもらえますか!?」と言われ、
結果的にさらに400円アップの1800円に!月収に換算すると、7万円近く上がりました!

上司からは、
「もともとの看護師知識が仕事に活きていることに加えて、ガッツがある、すごく働きやすい、営業先に気に入られやすい」と褒められました。
この環境で学んだ、これらのことが活きた結果だと思います!

トレーニングを通じて得られた学び

・ガッツ、諦めずに地道に種を植え続けることの大切さ
契約に結ぶことがなくても地道に信頼関係を築くよう意識しました。)
・リアクション(上司の話しを聞いているとき、電話での営業先の話しを聞いているとき意識しました。)
・相手の求めているものを知り、与える
・陽転思考(すごく嫌味な相手に当たったときや理不尽なことが起こった時の切り替え方)
・「結果の原因は自分」思考(電話で相手の反応は私の言葉や態度が引き出していることを自覚し相手の反応に対し嘆きながらもどう対応したらよかったのかを考えるようにしています。)
・自分を安売りしない(入職し2ヶ月だった時点で自分から時給交渉を上司にしました。
・管理下にあることで悩む(上司の機嫌が悪い時もびくびくしていかに機嫌をとるかを考えるのではなく、上司の機嫌にあまり振り回されるずに自分の出来ること、するべきことを淡々とやりました。)

まずは知ること

今まではやったことがないこと、知らないことは怖い、失敗するかもしれないと沢山のチャンスを逃してきたように思います。
一歩踏み出したことをきっかけに、知っている・できるからやるのではなく、
知らないからこそやってみる、できないからこそやってみることを今は大切にしています。
私なんかにできるわけがない、怖い、失敗したらどうしよう、、でも本当はトライしてみたいんだ!という方もいると思います。

いきなり全部を変えるって本当に勇気がいることで怖くてなかなかできることではないと思います。
まずはできない理由ではなく、知ることから始めてみたらいいと思います。
私もいきなり、やってみたい!やる!と振り切ってできたわけではありません。
まずはいろんな人の話を聞いて知ることから始めました。
知るための行動をまずは起こし、行動し続ける中で確信を持てるようになりました。
行動を起こすから助けてくれる人が現れます。

まずは小さな一歩を踏み出してみてください。

転職者名
O・Yさん(25)医療系人材紹介
収入UP
時給1,200円→1,800円